「多分、もうない、もういない」 小林 ナオコ

“Maybe it’s not there anymore, not there anymore” Naoko KOBAYASHI

今は、多分もうない場所

今は、多分もういない人

大島を思い出す時、大島に紐づけられたそんな場所や人が脳裏を横切り、心の奥がチクっとする。

生まれては死んでいく小さな魚のように、いずれ枯れていく雑草のように、いつかこの世からなくなり、世の中は変化し続けるということは、分かっているけど・・・。

今は、遠くにいて、大島を思うことしかできない。


Maybe the place that doesn't exit any more

Maybe the people who are not exit any more

Every time I remember Oshima island, I remember those things tied to Oshima, my heart feel little pain.

I know... like small fish that is born and die, weeds that will eventually die, they will eventually disappear from the world someday, but...

Now I can only think of Oshima island from afar.